« 僕(ポリゴン版) | トップページ | 三日坊主体質の為 »

2004.03.23

江口寿史監修

江口寿史監修 日常のポーズ1007・裏表紙

かねてからの懸案であるデッサンをがんばるぞーと急に思い立ち、かわいい女の子の描き方が載っている本を探しにいった。大阪梅田のでかい本屋に行く。

棚を見てみると、あるある。「漫画イラストの描き方」「女の子の描き方」「ちびキャラの描き方」どきどきしながら手に取ったが、開いてみてあぜんとする。

いったい今の世の中どこに、ビッグ錠や柳沢きみおタッチの女の子を描きたいやつがいるのか、と。これを買う奴がいるのか。デッサンとかポーズ以前に、このキャラを見ながら練習する気にはなれない。

他を探す。

どうもいまどきのかわいい女の子が載っている本は、決まってCGの塗り方しか書いてないようだ。もっと簡単に「いまどきアニメ風の体型をいっぱい描いたポーズ集」とかないものだろうか。リアルデッサンはあきらめた。即席でアニメ絵だけ上手くなりたいの僕は。

もうしばらく探してみると、「江口寿史監修 日常のポーズ1007」という本を見つけた。

江口寿史といえば、一世を風靡した上手い漫画家(イラストレーター)だ。そうそう、僕はこんな絵描きになりたかったんだ。リアルな体型の癖に女の子がかわいい。なんだかオシャレ。こんな風に描けたら僕はもう充分だ。と思っていたんだった。

パラパラとめくると、ポーズがちょっとデフォルメされ(大げさな)いろんな角度から撮影された女性の写真が満載だった。江口寿史監修だけに、女子高の制服を着た写真が多い。とりあえずこれを買った。家に帰ってしげしげと見てみる。うーん。

OL風のスーツに、おもいっきり肩パットが入ってる。…バブルだ。バブリーだ。これは相当古いんでないのか。

奥付を見てみると、1995年に出版されたものだった。女子高生の制服の写真も、そういえば丈が長い。

« 僕(ポリゴン版) | トップページ | 三日坊主体質の為 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23229/8837937

この記事へのトラックバック一覧です: 江口寿史監修:

« 僕(ポリゴン版) | トップページ | 三日坊主体質の為 »