« なんですかこれ | トップページ | マイセンライトのパッケージが変わる »

2004.04.18

夢の内容を絵に描く

dream.jpg

今回見た夢はえらくはっきり憶えている。その光景を絵にしてみたので、誰も興味ないだろうけど説明してみよう。

[1コマ目]

僕はその時、きれいに整備された丘を必死になって登っている。その丘にはなぜか掛け布団が敷き詰められている。僕はそれを登っていかなければならない。だが、掛け布団はずるずる滑ってなかなか上に登れない。意味わからないけど、ここが整備されたある種のアスレチックスペースであることは知っている。それはとても危険なアスレチックで、この丘から転げ落ちたらかすり傷ではすまないだろう。

[2コマ目]

僕はものすごい努力の末に掛け布団の丘を登りきった。そこには一筋の道が横たわっている。何も無い。遠くに数人の若者がいて、僕と同じように途方にくれている。左のほうに、大きなプールでよく見るウォータースライダー(のようなもの)があるのがわかる。面白そうなので僕はそちらへ向かう。

[3コマ目]

一筋の道を左に行くと、90度にきれいに切り取られた崖っぷちだった。

[4コマ目]

崖ッぷちから、ウォータースライダーの一部の支柱が生えていた。下を覗くと、きれいなプールになっている。(だが見た目はダムのような感じ)ここから飛び込みたいが、この高度(地表から約50m位だろうか)から飛び込めば死んでしまう。少しでもプールに近づく為に、ぼくはウォータースライダーの支柱をおそるおそる降りてゆく。


[5コマ目]

僕はそのあと、どうにも進退がつかなくなり途方にくれてしまう。だが、ついにウォータースライダーの入り口らしきものに到達する。僕は意を決して飛び込んだ。だが、入り口に見えたのは実は見間違いで、自分が飛び込んだのは、汚水が溜まった浄化槽だったのだ。僕はそれに気づき、無我夢中でどろどろの汚水から脱出する。飛び込むときに両手を離していたら、僕は死ぬところだった。やっとのところで頭を汚水から出し見上げると、そこには綺麗な綺麗な水が、透明な雨どいをさらさら流れる光景だった。

ああ、そこか、やっと脱出できる。あの雨どいを伝うなら、きっと地表に降りることが出来る。

といったところで夢から醒める。汗びっしょりだった。

« なんですかこれ | トップページ | マイセンライトのパッケージが変わる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23229/8837959

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の内容を絵に描く:

» News/2004-04-19 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
【音楽】ダモ鈴木とは違うのだよ、ダモとは。 -- つらつら書いてたら長くなったのでEssay出し。 【音楽】アナログシンセを完全自作してみよう -- アナログシ... [続きを読む]

« なんですかこれ | トップページ | マイセンライトのパッケージが変わる »