« AZEL Panzer Dragoon RPG | トップページ | カチカチッ »

2004.12.06

無題

mudai.jpg

「あー。そりゃ、少しは反省してるよ。確かに、俺に信仰心があんまりねぇって言うのはそうだけど、俺は子供ん時から親父から聞かされてたんだ」

「うん」

「めるへん様の存在についてね。君が、たぶん神様とか仏様とか聞かされてたときに。だから、本当にいるかどうかは置いといて、信じてるのは確かだよ。でも、それは皆や俺にとって意味のないもんだとも思う。俺は本当は、エセ宗教家のあとを継ごうなんて思っちゃいない」

「うん」

「俺な、さっき、あのさぁ。オバさんが君にひざまずくのを見たろ」

「見た」

「誰にも指図されてないのに、自然にひざまずいてた。そん時な、怖かった~ほんと。ステージを飛び降りて逃げ出ちまおうと思った」

「でもさ、アレはまずかったよ」

「あぁ。まいったなー」

「あれでね、完全に『はいっちゃった』んだよ、オバサンね、あの蹴りは指導だと思ったんだって。修行が上手くいかない自分に対するありがたい叱責だって」

« AZEL Panzer Dragoon RPG | トップページ | カチカチッ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23229/8838026

この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

« AZEL Panzer Dragoon RPG | トップページ | カチカチッ »