« MecWorld #2 | トップページ | MecWorld #3 »

2005.01.10

道頓堀ラーメン大食堂の惨状

ラーメン大食堂の写真

横浜のラーメン博物館に続けと、鳴り物入りでオープンしたはずの大阪発ラーメンテーマパーク・「ラーメン大食堂」。日曜休日だというのにシャッター閉まりまくり。全部で8店舗のうち、営業していたのは「函館らーめん船見坂」と「家系 ラーメン六角家」のみ。この間も、またまたその前も、さらにその前からずっとこの調子。もうだめぽい。

六角家が目当てでたまに通っているのだが、このままではラーメン大食堂ごと消えてなくなりそうです。勘弁して下さい。

この惨状を撮ろうと、今回はデジカメを持って行ったのだ。行ってみるとその廃れ具合で悲しくなること請け合い。なので、うらぶれた雰囲気とラーメンが好きな人は是非行こう。そしてラーメンを食べよう。

  • むつみ屋(北海道味噌ラーメン)。自動券売機に張ってある、店長の立身出世漫画?が泣かせる。
  • 幸太郎(和歌山ラーメン)。閉店張り紙アリ。まだピカピカの提灯に無力さを感じる。
  • たけはち(支那そば)饒舌にしたためられた前口上がぽつんと張られてある。味はびっくりラーメンに良く似ていた。
  • 風来軒(とんこつラーメン)。閉店張り紙アリ。極めて陰気に写っているが、実はここは入り口に近く好ロケーションなのだ。
  • 徳福(徳島中華そば)。ここはウマかった。店内に置いてあったアンケート葉書の設問のひとつに、「今日もっとも輝いていた店員の名前を教えてください」というものがあったが、接客担当はただひとりだけだった。
  • 純喫茶 DO-TON(喫茶)。狙って昭和レトロ風につくった内装ではあったが、休業状態になってよりいっそう悲哀の漂うスペースに仕上がっている。
  • 特設屋台(あてもの屋台)。「只今遊べません」との表示。入り口のエスカレーターを登るとすぐにこの屋台が。寂しくて涙出そうに。
  • とんぼりアイス(アイスクリーム)。閉店張り紙アリ。カウンターの中はガラクタ置き場の様相。

さて、その寂れ具合からは想像もつかないが、このラーメン大食堂、去年の5月にリニューアルしたばかりなのだ。まだ半年くらいしか経ってないじゃんよ。どんなリニューアル方法だったか。簡単に羅列すると…

共通スペースに昭和初期のレトロ家具をごちゃごちゃ配置し、壁に日活映画のポスター、金鳥蚊取り線香などのホーロー看板などを貼り付けた。BGMは昭和歌謡を流した。そうして、施設に「昭和路地裏百貨店」という副題をつけた。

しかしこの状態では、小粋な演出どころかマジに路地裏じゃないか。

« MecWorld #2 | トップページ | MecWorld #3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23229/8838043

この記事へのトラックバック一覧です: 道頓堀ラーメン大食堂の惨状:

« MecWorld #2 | トップページ | MecWorld #3 »