« メモ | トップページ | 吾妻ひでお著「失踪日記」が売れすぎている »

2005.03.12

moth

蝋は溶け、糸は緩み、不実な翼に乗ったイカロスは、手足を曲げ、髪を振り乱しながら大空の中をまっさかさまに落ちていった。四散した羽は波間を漂い、嘆き悲しむネレイス達は海の墓を飾り、青白いイカロスに真珠のような海の花を振りそそぎ、大理石の死床には真紅の海藻をまきちらし、珊瑚の塔に弔いの鐘を打ち鳴らして、悲しみの音を海原遠く伝えた。(ダーヴィン)

« メモ | トップページ | 吾妻ひでお著「失踪日記」が売れすぎている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23229/8838069

この記事へのトラックバック一覧です: :

« メモ | トップページ | 吾妻ひでお著「失踪日記」が売れすぎている »