« 道頓堀ラーメン大食堂が完全閉店したらしい | トップページ | ギター(初心者セット) »

2005.05.24

憂鬱とぼんやりの狭間

portrait

長年一緒にやってきた同志が心の風邪にかかってしまったようだ。いつもと違う目線、いつもと違う動き、もやもやとたよりなく背負う空気。

あれは大丈夫か、これはないか、間違いはないか、整然としているか。なのにあいつらはこちらを向いて何をしゃべっているんだろう、何を笑っているんだろう。そして俺ははどこに立っているんだろう、そもそも此処に立っているんだろうか。

そんな、傍目から明らかにわかる焦燥の行動。いったいあいつはどうしたろうか。僕らはどうすれば、彼に一番いいだろうか。仏頂面がいいんだろう。笑顔でいればいいんだろう。気にしなければいいんだろう。相談にのればいいだろう。パァッと楽しめば自然とよくなるさ。でもね、じっさいおかしいよアハハ。

僕もそこそこ適度に思いやろうとし、まさに結局、経緯を面白がっているんだ。

それを彼は知らないんだろうか。あるいはそういった同情と嘲笑を外肌で感じながらも、一所懸命に普遍を演じようとしているんだろうか。

今回はそんな絵。

« 道頓堀ラーメン大食堂が完全閉店したらしい | トップページ | ギター(初心者セット) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23229/8838087

この記事へのトラックバック一覧です: 憂鬱とぼんやりの狭間:

« 道頓堀ラーメン大食堂が完全閉店したらしい | トップページ | ギター(初心者セット) »