« もし眠れないのならおいらの衝動買いについて耳を傾けなよ | トップページ | 芸術の秋と言うがな »

2009.09.07

家系ラーメンはなぜ関西に3件しか存在しないのか

六角家

横浜出張の話が出たとき、顔では面倒くさがりながらも心の中で小躍りした。

なぜかって言うと横浜にはおいらの大好きな家系ラーメン店「六角家」があるからだ。

六角家のラーメンはとてもおいしい。麺のワシワシ感、鶏油をたっぷり吸ったほうれん草、舌の上でキラキラと転がる濃厚なスープ、食べ応えのある大振りの海苔。

食べている間は本当に幸せな気分になる。しかし、満腹になるにつれ、奇妙な切なさが胸を覆う。

もっと食べていたいのに、何故俺の胃袋には限界があるのか?

何ともやるせなく、おいらは器に薄く残るスープを掬いながら願う “この瞬間が永遠だったなら”。食いしん坊だ、食いしん坊とならこの感情を分かち合えるはず。

家系と呼ばれるジャンルのラーメンは、関西に 2件 3件しか存在しない。とくに、おいらが住んでいる大阪には1件もない。

“大阪にもっと家系を!” 声高に訴えたいのだがそうもいかない。なにしろ開店する端から2年も経たないうちにつぶれてしまうのだ。大阪人の舌にはどうも合わないようだ。

写真はこないだ行ってきた六角家のラーメン(中盛り麺固め)。

« もし眠れないのならおいらの衝動買いについて耳を傾けなよ | トップページ | 芸術の秋と言うがな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23229/46142746

この記事へのトラックバック一覧です: 家系ラーメンはなぜ関西に3件しか存在しないのか:

« もし眠れないのならおいらの衝動買いについて耳を傾けなよ | トップページ | 芸術の秋と言うがな »